bubbles of pop

khumming.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

kaera kimura

キットカットのホームページで木村カエラのCircleのPVがフルバージョンで見れます。
PVの内容がおもしろい。こういうの好きです。
最初、なんじゃこりゃと思ってたんですが、あとで謎が解けました。
同じ行動のリピートなんですけど、事象が毎回違うんですよ。

なんかこの曲を聞くと映画の「トレインスポッティング」を思い出します。
僕の頭の中では、坊主のユアン・マクレガーが必死に走っています。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-31 12:45 | music
2006年 03月 30日

CM

サッカー勝ちましたね。
佐藤寿人バンザイ。
今度も頑張って入れてほしい。
玉田は少しくやしそうでしたね。なかなかいい動きはしてたと思うんですが。
W杯のFW争いはすごいですね。
個人的には久保には頑張ってもらいたい。

まーそれはともかく、サッカーが終わってCM見てて
キリンのNUDAのCMが流れてたんです。
それはナイナイの岡村さんバージョンで
岡村さんダンスシーンが終わって
プハ~~~っていうシーンがあるんですけど
何回見てもカラテカの矢部に見えてしまうんです。
まーもともとかなり似てるんですけど。
後姿はきっといっしょだと思います。
でもそこは特に似てます。


言いたかったのはそれだけです。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-30 21:51 | bubbles
2006年 03月 29日

FRISK

最近、フリスクをよく食べています。
いや、食べすぎです。
確実に一日1箱食べています。
コンビニに行くとついつい買ってしまいます。
僕の口の中は絶え間なくミントの匂いがし、
そして、絶え間なくスースーしています。

f0088303_212721.jpg




さて、フリスクの原産国はどこでしょう?

ベルギー。

私もそう思っていました。今日までは。

先週末にベルギーって確認したのに、友達と話をしてたのに。。。。

今日、箱の裏をひっくり返すと、
Oh God!
「オランダ」と書いてるではあ~りませんか。

ほんと2度見しましたよ。

ん~で、調べてみました。

やっぱり気になって調べてる人っているんですね。
その人はカネボウ(輸入元)に電話したみたいです。
答えは「工場がベルギーからオランダに移転」だそうです。

普通ですね。っていうか予測してた。
でもスッキリ。

みなさん、フリスクの食べた後の炭酸飲料には注意です。
何が起こったかわかりません。
気をつけましょー。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-29 21:28 | bubbles
2006年 03月 29日

lunch time and 80.2

只今、少し遅い昼休みであります。
朝からFM80.2が耳横で流れていたんですけど、
すごい良さげな情報が。
それは

「かもめ食堂」。。。

ランチがおいしい、行列ができる下町食堂の紹介ではありません。

映画です。映画。

で、さっき調べてみました。
フィンランドが舞台です。
それもいいんですが、何よりキャストがすごいっすね。
小林聡美、もたいまさこ、片桐はいり、
えーあとは。。。
いません。あとはみんなフィンランドの人々みたい。
日本人は3人だけ。っていうか濃いですよね、キャラクター。
でもある意味豪華です。
原作は群ようこ。女性からの支持が多い作家さんみたいです。
僕は知りませんでした。

上のリンクからホームページ見てみてください。
かわいいですよ。
食堂のメニューとかあって。
食堂のイメージは描いたものと違ってて残念ですが、フィンランドっぽくていい感じ。

フィンランドの人々の生活も感じれるみたいで、DJの中島ヒロトさんは絶賛でした。
今年BEST3に入ってるって。

僕はこの調子だと見に行くでしょう。
フィンランドに興味があるひとはぜひ。
きっとほのぼの間違いなし。
大阪はやっぱり梅田ガーデンシネマで公開です。
4月の中旬まではとりあえずやってるみたいです。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-29 13:32 | cinema
2006年 03月 28日

Woody Allen

ウッディー・アレン監督の「SEXのすべてについて教えましょう」を見ました。
ショートフィルムで構成されてる映画です。
この映画はテーマがテーマだけあって、「少しクレイジー」って感じるところもありますが、
最終的にはどれもクスッと笑かしてくれます。
特に最後のフィルムはけっこうユーモア爆発です。
お題は伏せておきます。(お題がお題なだけに。)

ウッディー・アレンの映画を見てしまう理由はやっぱり台詞です。
十分それだけで楽しめます。
特にウッディー・アレンが少しダメな感じの男を演じる時はサイコーです。
「アニーホール」もいいけれど、僕は「ボギー!俺も男だ」が結構好きです。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-28 23:04 | cinema
2006年 03月 26日

築港赤レンガ倉庫

f0088303_23191548.jpg
築港赤レンガ倉庫でやってるクリーンアーティスツプロジェクトへ。 
ブレッソン展と兼ねて行って参りました。



f0088303_23213736.jpg
ほんとほんとよかったです。
こういう空間でアートを見れるってとてもいい体験で、贅沢です。
見る人にゆとりを与えてくれます。気持ち的にも、物理的にも。
NYのDia:Beaconもこんな印象でした。
11人のアーティストがそれぞれの倉庫に作品を展示していました。
大西泰明さんのブラックライトを使ったcube in the void っていう作品
がとても好きでした。他の皆さんも釘付けになってましたね。
あれはすごい。



f0088303_23251524.jpg
あと、福重明子さんのワークショップの展示もよかったです。
病院に来る子供たちが書いた絵を展示していたんですが、
これが結構おもしろいんですよ。
なんていうんですかね。すごくまっすぐに入ってくるというか。
おもしろいアイデアもたくさんありましたよ。
この活動で子供たちも待ち時間も全然退屈にならないみたいで、
何より子供たちにとっていい体験ですよね。

公開は今日で終わってしまいましたが、またぜひやってもらいたいですね。
企画のアーツアポリアの方頑張ってください。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-26 23:29 | art,design
2006年 03月 26日

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

はじめました。k-hummingです。

今日アンリ・カルティエ=ブレッソン展に行ってきました。
14時からギャラリーツアーがあって、それに本当は参加したかったのですが
起きたのが14時30分。
どうやら間に合いそうにありません。
あー、遺憾です。

内容ですが、良かったです。
被写体が語っているような、心の中でその声が聞こえてくるような、
そんな写真に僕は感じました。
被写体の真理などを想像しながら写真を見るとおもしろいもんですね。
サントリーミュージアムで4.16までやっています。
ぜひぜひどうぞ。
 
あとアンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶っていうブレッソンのドキュメント映画も公開するみたいです。
僕も行こうと思っています。
大阪は梅田ガーデンシネマで上映予定です。
こちらもぜひぜひ。
[PR]

# by k-humming | 2006-03-26 22:09 | photo