bubbles of pop

khumming.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 28日

対談「イレモノ」

今日は長堀橋に講演聞きに行って来ました。
彩都IMI大学院スクールのグラフィックデザイン講座修了展の記念対談。
子安一子さん×奥村昭夫さんがイレモノをテーマに考えようというもの。
 子安一子さんはバックデザイナーでヴァグリエの代表です。実際、バックを見ることができたんですけど、すごくかわってる。この方は信念はそのデザインが流行のものではないこと。自分の好きなものを作ろうと思ってること。スライドショーを見ながら「これ、私あんまり気に入ってないんですよ。でも売れるんです。」って言ってました。確かに一般的なニーズと自分自身の欲するものはには少し差があるんでしょうね。それはきっと実用性とか値段的なものも深く関係してるとおもうんだけど。本人の気に入ってるもの一種はとても芸術性を持ってるように感じます。すごく美しさがあるんですよ。あっ、これきれいだ!思うやつ。理由はまだ良く分からないんだけど。。
 奥村さんはロート製薬のロゴとか近鉄百貨店の紙袋とか関西の企業の仕事をたくさんされていて関西に住む人々がよく見るパッケージやロゴのデザインをされています。もちろん、グリコとか全体的に浸透しているものもたくさんあります。
少し前にpicklesさんのブログで「牛乳石鹸」のデザインがいいよねーっていう話がありましたが、あれも奥村さんの仕事なんです。パッケージのリデザインの仕事なんですが、昔のものは左側に牛が描かれていたようなんです。それを真ん中にもってきた。プレゼンで「この時代ですので、牛も一歩前に出してみました。笑」って言われたそうです。今度リデザインされるときは牛がパッケージからおっこっちゃうかもしんないね。笑って、すごく冗談も上手な方です。
 対談内容はイレモノ自体に対する考えはあんまり交わされなかったのは残念ですが、時間も少なかったことですし仕方ありますねぇ。でも仕事に対してどうやって取り組んできたとかは聞けたことと、お二人が対極の考えを持った人でおもしろかったな。
「自分らしさを大切に。」
それは二人の共通した意見でしたね。
 
[PR]

by k-humming | 2007-02-28 23:01 | art,design
2007年 02月 25日

「働くこと」を考えるトークセッションin奈良県立図書情報館

以前、奈良県立図書情報館に本を借りに行くとブログで書いたところ、「獏のいる庭園」のコハクさんに「働くこと」を考えるトークセッションがあるから良かったら参加しちゃいなさいってことで紹介してもらいました。どうもありがとうございました。


リビングワールドの西村佳哲さんとくるみの木主宰の石村由起子さんのお二人による
お話で、石村由起子さんはくるみの木をつくろうと思ったきっかけ、経緯や、経営がうまくいかなかった暗いトンネル期間の話、仕事に対してのモチベーションや決断基準など話していただいて、特に問題が起きた時、悩んだときは自分に質疑応答します。っていう話は興味深かったです。
確かにそうだなーって。苦しいときってなんかもう一人の自分が「自分を見放しちゃうの?」
「もうやるべきことはこれで終わり?」って問いかけてる気がします。
こういう、質問を自分を投げかけてる時の判断ってやるか、やらないってわりと簡潔に出ちゃう。
 まーそういう石村さんの話を西村佳哲さんが働き方研究家として、分析して掘り下げて話されていて、とてもおもしろい視点で返されていました。その中でも「お客さんになってはいけない。」っていう話がおもしろかったんです。例えば僕は建築とかインテリアとかに興味があります。人に説明する時に「あの建築良かったよー、いやーほんとあれ最高。」、これじゃだめなんです。それではお客さんだって。感動と同時に何がどうなって感動してるのか?っていうのを考えたり感じたりしなきゃいけない。これは写真でも映画でもなんでもいっしょですね。
 就職活動中ってこともあって、話聞いてモチベーション2倍に増量です。
なんだか自分の心を代弁してもらったみたいで、とても楽になった感じです。
そうそう、上のリンクにその場の写真がアップされてるので見てください。
すごーく小さく僕うつっています。きっとわからないだろうけど。
この図書情報館、ビジネスをテーマにいろんな企画に力を入れてるみたいなので、
仕事に悩めるあなたも、キャリアアップを目指すあなたもどしどし参加しましょー。
[PR]

by k-humming | 2007-02-25 00:16 | bubbles
2007年 02月 19日

映画いろいろ

ツタヤが半額。調子にのって4本借りる。
でも、2日でその楽しみも終わった。
f0088303_116534.jpg

蒼井優がカメラマンを目指す役がけっこうはまってた。確か実際にもカメラすごくすきなんですよね。年に一度、誕生日に送られてくる母親からの手紙はとても温かくて、優しくて良かったなー。
沖縄の人の誰かが困ってたら、みんなで助け合う精神も良かったなー。
f0088303_117956.jpg

産業革命が舞台の設定になってるところがおもしろかった。
展開としてはすこし盛り上がりにかけたとこもあったけど。
本来、人を幸せにする科学が人間の愚かな欲望に利用されて新たな軍事商品を生んで人を殺してる。ほんと、今問題になってるところですよね。
f0088303_1172485.jpg

陪審員制度のお話。12人の日本人が有罪、無罪を決まるが決まらない。
一体僕はどのキャラなんだろう。って考えながら見るのもおもしろいかも。
[PR]

by k-humming | 2007-02-19 02:12 | cinema
2007年 02月 17日

ロシアン・ドールズ-スパニッシュ・アパートメント2-

f0088303_134392.jpg

年末、キュウリさんと会った時にスパニッシュアパートメントの続編出てるよ~と
教えてもらってすっかり忘れていました。
パート1は主人公のグザヴィエがスペインに留学し、多国籍な人々がルームシェアする
アパートメントで生活する。住んでる人はイギリスやドイツなど様々。日本人はいない。
そうそう、パリに残した恋人役はオドレイ・トトゥ。もともと、それで借りたんだ。
ほんでまぁー、この地でグザヴィエの本質的に持つ恋や愛のグダグダ感が目覚めてしまうんです。
最後には愛する人は誰もいなくて、俺は執筆家になるぅ~うわ~って走っておしまいっ、それオチかよっていう話。
きっとこの説明では30%くらいしか面白味が伝わってないと思うんですが。
パート1はその恋とか愛とかより、多国籍な周りの人々との日々のコミュニケーションとかに面白味がある感じだったんですよ。
今回見たパート2はパート1より、グザヴィエの恋愛観についてより描かれている。
もうグダグダ感6割増しって感じで。舞台はパリ、ロンドン、ロシアにも。
キュウリさんが一作目よりかなりイライラするって聞いてたんですけど、
見始めても全然イライラしない。むしろ、前作より、撮り方とか展開方法もおもしろくて。
でも終わるにつれてイライラが増してきました。
君~、グダグダだよ、不埒だよ、しっかりしなさいっ。もう30だよっ。バシバシっ。
キュウリさん、あなたは正しかった。
ウェンディの立場になるととても悲しくなったわー。
それにしても、一作目を終えて、みなさん活躍してるみたで。
しばらく、この作品から広げて見てみようかなと思うアルデス。
[PR]

by k-humming | 2007-02-17 01:29 | cinema
2007年 02月 15日

タンポポハウスができるまで 藤森照信

f0088303_18561553.jpg

なんだか遺跡みたいなこの家。タンポポハウス。
屋根や壁にタンポポを植えているこの家。
なぜタンポポなのか?と言うところから始まって出来上がるまでの前途多難なプロセスが書かれています。特に興味深かったのは塗り壁や板、丸太、鉄平石など自然素材に関して調達から施行方法など、様々な試行錯誤のプロセスが書かれているところ。
前半部分は藤森さんの処女作になる神長官守矢資料館について書かれています。この建築のテーマは自然の中での建築物のあり方がテーマになっていて人工物を排除して自然素材路線を徹底するんです。このイデオロギーは外壁の板の製材に本来、当然使うノコギリまで嫌ってしまうことになります。板を割る。のこぎりなしの板を。これにはおもわず笑ってしまいました。え~、そこまでやるかって。室町時代にはノコギリはまだ伝来してなくて、実際割っていたらしい。まだそういう職人さんがいてクサビやナタで1cmの厚さまで割っていく技術は本を読んだだけでも凄さが伝わってきます。この資料館、長野の茅野にあるらしいので今年見に行こうと思います。
後半部はお待ちかねのタンポポハウス。普段僕たちが見てるタンポポは舶来種で花の裏のガクがめくれているもので日本タンポポはガクが閉じている。超高層ビルの外壁を日本タンポポ仕上げにしてアメリカタンポポを太平洋に突き落とせーってコンセプトから始まっている。おもしろい。こちらの建築も資料館に負けず劣らず、板と板の隙間に漆喰詰めたりだとか、すごいプロセスと手間をかけたもんで、以前作っていた立場で考えるとゾッととする。いや、ここまでくると、笑えるかもしれない。その時だけは。きっと監督さん、不安で夜も寝れないだろうな。いや、ここまでくるとウキウキしちゃって寝れないのかもな。なーんてな。
本の所々でその都度感じた「教訓」を書いているんですけど、タンポポハウスが出来上がって
の最後の教訓。「タンポポの花は見上げるものではない。」ってお~いっ。それ言っちゃうのか~。どこまで正直でおもしろい人なんだ。確かに花見えにくいもんね。でも最終的にタンポポの綿毛が飛んで庭に一株、二株と根付いていくわけで、なんとも御後が宜しい。
[PR]

by k-humming | 2007-02-15 22:11 | architecture
2007年 02月 15日

やらなくちゃ。

今日、2月も中盤にさしかかりましたので、整理としてmustなことを書き出してみました。

国民年金への切り替え。(まだやってない)
奈良県立美術館に行って本を借りまくる。
ポートフォリオの作成。
SPIの勉強。
企業研究。
試験勉強


Cityscape From Photography to Moving Imagesを見に行く。 
  フェスティバルゲート 2/18まで
ピカソの版画と陶芸を見に行く。 国立国際美術館 3/25まで
「ビル・ヴィオラ はつゆめ」展を見に行く。 兵庫県立美術館 3/25まで
シアタープロダクツのノンフィクション展 graf media 3/11まで
光の教会を冬の間に見に行く。

半分が遊びになってしまった。
きっちりOFF日を決めて有彩色マークをこなさないと僕に未来はなさそうです。
よしっ、よしっ、明日はOFF日です。
[PR]

by k-humming | 2007-02-15 03:46 | bubbles
2007年 02月 12日

sanpo

今日はとてもいい天気でしたね。絶好の行楽日和。
ですが僕は家にいます。せっかくのいい天気なので、散歩に行ってきました。
f0088303_1914130.jpg

f0088303_1915491.jpg

f0088303_192811.jpg

f0088303_1922144.jpg

うん。なかなかの田舎っぷりです。
でも鹿は歩いていませんし、飼ってもいませんよ。
念のため。
あとちなみに小屋は僕の実家ではありませんので。
念のため。
[PR]

by k-humming | 2007-02-12 19:07 | photo
2007年 02月 11日

佐川美術館→近江八幡

今日はお友達のshoちゃんと二人旅です。旅っていうほどの距離でもないですが。
今日は6時起きの7時出発です。こんなに早起きするのは久々です。
滋賀の守山にある佐川美術館に行って来ました。
f0088303_12152049.jpg

設計:竹中工務店
JR守山駅若しくはJR堅田駅からバスで20分程度。
二つのボリュームそれぞれに大きな切妻屋根で覆った、迫力のある建築。
f0088303_12152941.jpg

アプローチ部分の回廊です。水がユラユラが反射してとてもきれい。
今日はほんと晴れて良かったと痛感しました。
f0088303_12153738.jpg

内部の天井。光の輪郭がとてもきれい。天井のRと暖色の照明がとても柔らかさを演出していて、なんだか拝みたくなる様な空間でした。ありがたや~。
f0088303_12154572.jpg

こちらは内部の回廊部分。水ってみてるだけでも癒しになりますね。
f0088303_12155470.jpg

この箱のキラキラの部分何でできてると思いますか?
これ、貝殻の裏の紫とか緑に光って所ありますよね。その部分を使って作るんですって。

この美術館、ライトアップもきれいなようですよ。曇りの日はぜひライトアップを。


バスで守山駅に向かって、電車で近江八幡駅へ。
ヴォーリズ建築などを見ながらも、お腹が減ってもう歩けません。
f0088303_1216464.jpg

川岸にある茶楽というカフェで昼食を。僕はきんぴら豆腐丼を注文。
なかなかの美味で御座いました。
f0088303_1216141.jpg

昔の蔵をリノベーションしたようですごく大きな丸太や土壁が残っていたり、トイレは新たに壁に漆喰に藁をいれて仕上げていたりして、うまく残して使っていました。
既製品ばかりで作られる今の建築(それはそれで重要)の中で、こういった造った痕跡の残る建築には前者に見られないパワーを感じます。
f0088303_12162311.jpg

家族からの頼まれ物、クラブハリエでバームクーヘン購入。
これで2,3日は家族にでかい顔ができる。へっへっへっ。
f0088303_12163227.jpg

八幡堀。この地は商業で栄えたようで、昔はさぞかし多くの舟が往来していたんでしょうね。
今も水郷めぐりの舟があるそうですよ。
f0088303_12164283.jpg

ヴォーリズの建てた旧八幡郵便局です。
ヴォーリズさんはこの地にたくさんの建築を建てています。
いくつか見た中ではこれが一番良かったかな。
f0088303_22594782.jpg

ヴォーリズさんは僕がお世話にもなっている、メンソレータムの普及した人物でもあるんです。昔は看板にあるようにメンタームって言っていたんですね。
※訂正:近江兄弟社の商標はメンタームでした。Hi-Rossyのコメント参照。
[PR]

by k-humming | 2007-02-11 23:04 | journey
2007年 02月 08日

経済ってそういうことだったのか会議

f0088303_18375582.jpg

経済学、社会学って僕にとってはなんか近づき難くて遠い存在。
kohakuzaさんのブログで紹介されていたスタンダードブックに行って、物色する中、経済、社会のエリアは普段素通りだったんですけど、表紙のデザインが目にとまって購入。
この表紙、「経済ってそういうことだったのか?」って「えっ、どういうこと?なになに~教えてよ~」ってなりますよねー。うまいというか、やられたっていう感じのタイトルです。結果いいタイトルなんですが。

この本すごい読みやすいです。400ページあるんですけど結構パーっと読めちゃう。
佐藤雅彦さんが僕目線で、そして端的、本質的な疑問をぶつけてくれて、
それに対して竹中さんが例え話などを交えて分かりやすく答えてくれます。
エコノミクス(経済学)の意味はギリシャ語のオイコノミクス(共同体のあり方)からきていて、
どのようにすればみんなが幸せに生きることができるかっていうのを考える学問がエコノミクスの始まりだったとか。一番最初に設立された株式会社はなんだろうか?とか。お金の意味や税の意味。ダウとかナスダックの意味とか。とても興味深い内容が佐藤さんの挿絵なども含めながら書かれています。
これ、オススメです。「あーそうだったんだー」って言うの間違いなしです。
[PR]

by k-humming | 2007-02-08 22:15 | bubbles
2007年 02月 07日

ペットと志望動機

もう夜中の3時です。転職活動もやっと重たい腰をあげて始めました。
それで書類選考で「なぜ住宅設計を?」「なぜうちの会社を?」っていうのを書いて
提出しなければならなくて今まで必死こいてやっていたわけです。
なぜ住宅設計を?-家好きだから。いぇー。(やっちまった。)
なぜうちの会社を?-応募してたから。いぇー。(駄目押しだ。)
っていうのは許されまい。なかなか文章を書くのは難しいもんです。
文才もなく、高校時代は国語がグズグズなかーくんで通っていましたから。
でも、まーとりあえずこれでなんとか明日提出できそうです。
相談にのってくれたpicklesさんととももこまちさんにも感謝です。
f0088303_251471.jpg

頭もおかしくなってきているところで、年始に買ったペットを紹介します。
豚です。黒豚です。
白山陶器のオーナメントで森正洋さんのデザインのものです。
トリとかゾウとかあるんですけど、トリと迷ってブタにしました。
しかも一番大きいやつ。ボスブタ。
なぜならこのボスブタだけ乳がついてるんです。小さいのにはついてないんです。
だからなんだって感じなんですけど。
ボスブタももう就寝しちゃいました。zzz......おやすみなさい。
[PR]

by k-humming | 2007-02-07 03:22 | art,design