bubbles of pop

khumming.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 22日

藤森照信の原・現代住宅再見

f0088303_1584723.jpg

近頃ですね。建築本と飲み代にお金に羽が生えてパタパタ飛んで行っております。ハイ。
で、ですね。この本がとてもおもしろいです。ハイ。

今は3冊目まで出ていて3冊目は藤本壮介さんの家とかけっこうつい最近の住宅も書かれているんですが。
一冊目は1950年代くらいの清家さんとか菊竹さんとか吉村さんとかの建てた家を訪問して藤森さんなりの見解、感想を書いています。
おもしろいなーっと思ったのは、建築史家いうこともあり、その家から読み取れるデザインや思考がどういう時代の流れの中にあったかということ。そこが一番おもしろい。
やはり建築って時代の流れをすごく受けていて、外に開かれた建築、内向的な建築とか傾向があるんです。どうやってそういう風に流れていったのかがを読み進めていくと見えてくるんです。
これはずばりパート2も買わないと。
[PR]

by k-humming | 2008-01-22 02:11 | architecture


<< 海の博物館       奈義現代美術館→イチゴ狩り→温... >>