bubbles of pop

khumming.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 15日

タンポポハウスができるまで 藤森照信

f0088303_18561553.jpg

なんだか遺跡みたいなこの家。タンポポハウス。
屋根や壁にタンポポを植えているこの家。
なぜタンポポなのか?と言うところから始まって出来上がるまでの前途多難なプロセスが書かれています。特に興味深かったのは塗り壁や板、丸太、鉄平石など自然素材に関して調達から施行方法など、様々な試行錯誤のプロセスが書かれているところ。
前半部分は藤森さんの処女作になる神長官守矢資料館について書かれています。この建築のテーマは自然の中での建築物のあり方がテーマになっていて人工物を排除して自然素材路線を徹底するんです。このイデオロギーは外壁の板の製材に本来、当然使うノコギリまで嫌ってしまうことになります。板を割る。のこぎりなしの板を。これにはおもわず笑ってしまいました。え~、そこまでやるかって。室町時代にはノコギリはまだ伝来してなくて、実際割っていたらしい。まだそういう職人さんがいてクサビやナタで1cmの厚さまで割っていく技術は本を読んだだけでも凄さが伝わってきます。この資料館、長野の茅野にあるらしいので今年見に行こうと思います。
後半部はお待ちかねのタンポポハウス。普段僕たちが見てるタンポポは舶来種で花の裏のガクがめくれているもので日本タンポポはガクが閉じている。超高層ビルの外壁を日本タンポポ仕上げにしてアメリカタンポポを太平洋に突き落とせーってコンセプトから始まっている。おもしろい。こちらの建築も資料館に負けず劣らず、板と板の隙間に漆喰詰めたりだとか、すごいプロセスと手間をかけたもんで、以前作っていた立場で考えるとゾッととする。いや、ここまでくると、笑えるかもしれない。その時だけは。きっと監督さん、不安で夜も寝れないだろうな。いや、ここまでくるとウキウキしちゃって寝れないのかもな。なーんてな。
本の所々でその都度感じた「教訓」を書いているんですけど、タンポポハウスが出来上がって
の最後の教訓。「タンポポの花は見上げるものではない。」ってお~いっ。それ言っちゃうのか~。どこまで正直でおもしろい人なんだ。確かに花見えにくいもんね。でも最終的にタンポポの綿毛が飛んで庭に一株、二株と根付いていくわけで、なんとも御後が宜しい。
[PR]

by k-humming | 2007-02-15 22:11 | architecture


<< ロシアン・ドールズ-スパニッシ...      やらなくちゃ。 >>