bubbles of pop

khumming.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 05日

パリ、スイス旅行 二日目 pm

帰りはサヴォア邸からPoissy駅まで歩くことにする。

昼一発目の建築はケ・ブランリー美術館。設計:ジャン・ヌーベル。
f0088303_034583.jpg

エッフェル塔のすぐ傍にあります。
かれこれもう5年前picklesさんと来た時に工事フェンスで
覆われていたのはこれだったのですね。
f0088303_0374852.jpg

なんだかすごい色使いですね。自分の持ってるイメージとは少し違う印象でした。
でもこの色の理由は中の展示物を見て納得です。
この美術館は民族美術館なんですね。
それぞれの民族がもつ色、人々が作り出すもの(織物や陶器など)の色。
そのさまざまな色がこの建築の色に反映されているのではないかと。(憶測です。)

ちなみに外で出っぱている箱は小展示室なんです。
内部を軽く説明していおくと、内部照明は極力抑えられていてガラスの中の展示物が
浮いているように照明があてられています。この照明の当て方がとても好きでした。
東京の法隆寺宝物館の展示が頭に浮かびました。
内部写真が見せれないのが残念です。
f0088303_1101196.jpg




次に行ったのがパレ・ド・トーキョー。
パリ万博の日本館の西棟です。
現在コンテンポラリーアートの展示に使われているんですって。
キュウリさんのブログで紹介されていて絶対に行こうと思っていた場所です。
f0088303_115868.jpg

26歳以下は4.5ユーロで入れます。パリはなんだか26歳以下は特別料金で入れる
ところが多くてパスポートを見せれば安くで入れます。
f0088303_1184970.jpg

2ブースくらいはアーティストがその場で何か作っていました。
製作過程をじーっと見てるのもなかなか楽しい。

東館は市立現代美術館になっています。ここもなかなか楽しい。
グルスキーやトーマス・ルフ等の写真も見れて満足、満足。
ここの常設展は無料ですー。


出ると雨がパラパラと。再びケ・ブランリー美術館へ。
どうしてもライトアップがみたかったので。
f0088303_21240.jpg

いやー、これは見に来て良かったです。
アクリル棒みたなもののそこから発光ダイオードで照らしているというしんぷるなものなのに。
なんて幻想的なんでしょう。昼間には想像できなかった光景です。

f0088303_261329.jpg

帰り道のエッフェル塔。ほんとにエッフェル塔はきれいです。
鉄々しくて線が細くってうっとりしてしまいます。



降っていた雨もやみ、シャンゼリゼ通りのルイ・ヴィトンへ。
ヴィトンのギャラリーで坂茂やザハ・ハディットなどいろいろなデザイナーが
ヴィトンの製品を使って作品をつくるという展覧会。
入り口が分からなくて強面のガードマンに聞く。
どうやら正面入り口からではなく脇道から入れと言っている模様。
受付に案内されてエレベーターに乗せられると中は真っ暗。
これもヴィトン流の演出でしょうか。
f0088303_149234.jpg

上のは坂茂るさんの作品。
f0088303_1492317.jpg

これは誰の作品かわからないけど一番好きだった。


シャンゼリゼ通りをブラブラと歩いて帰りました。
f0088303_295376.jpg

夜のルーブルです。なかなかきれいですね。
今日はこんな感じで終わりました。
出だし順調です。
しかし、この時あんな目に会うとは想像もしていませんでした。。。
[PR]

by k-humming | 2007-01-05 02:14 | journey


<< パリ、スイス旅行 三日目       新年あけましておめでとうございます。 >>